FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Linux Moent (Linux Mint) MATE 起動スプラッシュ4

Linux Moent Mate の起動スプラッシュ画像差し替え版です

管理者権限でのファイルマネージャの扱いに違いがあるぐらいで基本的には、Cinnamon と同じ手法で行けます
こちらが、完成形
Linux Moent Mate ss b 59

では、始めますね

まずはデスクトップ画面から↓
Linux Moent Mate ss b 1

左下のメニューより、インターネット - Firefoxウェブ・ブラウザ をクリック↓
Linux Moent Mate ss b 2

Firefox が立ち上がります↓
Linux Moent Mate ss b 3

ここに移動します。画像上に壁紙サイズのリンクがあるので希望のサイズをクリック(私はDescargas 1920x1200 0.9Mb をクリック)↓
Linux Moent Mate ss b 4

ファイルの保存ダイアログが表示されますので、ファイルを保存するが指定されているのを確認してOKボタンをクリック↓
Linux Moent Mate ss b 5

ダウンロードが完了すると右上の アイコンをクリックすることによりダウンロード履歴を表示させることが出来ます。ダウンロードしたファイル名上でマウス右クリックによるポップアップメニューより、保存フォルダを開くをクリック↓
Linux Moent Mate ss b 6

ダウンロードフォルダが展開され、ダウンロードした背景画像ファイルを確認できます↓
Linux Moent Mate ss b 7

では、さっそく背景画の加工に取りかかりたいと思います。左下のメニューより、グラフィックス - GIMP画像エディタをクリック↓
Linux Moent Mate ss b 8

GIMPのロゴが表示され↓
Linux Moent Mate ss b 9

GIMPが起動されます↓
Linux Moent Mate ss b 10

メインメニューより、ウィンドウ - シングルウィンドウモード をクリック↓
Linux Moent Mate ss b 11

GIMP 環境が統合されました↓
Linux Moent Mate ss b 12

GIMP のメインメニューより、ファイル - 開く/インポート をクリック↓
Linux Moent Mate ss b 13

画像ファイルを開くダイアログが表示されますので、左ペインよりダウンロードを選択し、ダウンロードした背景画像を選択後、開くボタンをクリック↓
Linux Moent Mate ss b 14

ダウンロードした画像が展開されました↓
Linux Moent Mate ss b 15

左上のツールより、拡大・縮小アイコンをクリック↓
Linux Moent Mate ss b 16

左下の縦横比を維持のチェックを入れます↓
Linux Moent Mate ss b 17

画像をクリックすることで、拡大・縮小ダイアログが表示されます↓
Linux Moent Mate ss b 18

キャンバスサイズ欄で幅・高さの連結(チェーンの形)を連結した状態で、高さの値を 1200 → 1075 へと変更後、拡大縮小ボタンをクリック↓
Linux Moent Mate ss b 19

画像が縮小されました↓
Linux Moent Mate ss b 20

引き続きメインメニューより、画像 - キャンバスサイズの変更をクリック↓
Linux Moent Mate ss b 21

キャンバスサイズの変更ダイアログが表示されますので↓
Linux Moent Mate ss b 22

キャンバスサイズを幅 1680 高さ 1050 に変更し、サイズ変更ボタンをクリック↓
Linux Moent Mate ss b 23

キャンバスサイズが変更されました↓
Linux Moent Mate ss b 24

メインメニューより、ファイル名前を付けてエクスポート をクリック↓
Linux Moent Mate ss b 25

画像をエクスポートダイアログが表示されます
元の画像ファイルと同じ位置に置いておこうと思いますので、保存箇所をダウンロードフォルダとします
ファイル名を bg.png とし、エクスポートボタンをクリック↓
Linux Moent Mate ss b 26

png 画像のエクスポートダイアログが表示されますので、そのままエクスポートボタンをクリック↓
Linux Moent Mate ss b 27

ダウンロードフォルダに、bg.png の名前でエクスポートされました↓
Linux Moent Mate ss b 28

メインメニューより、ファイル終了をクリックして gimp を終了させます↓
Linux Moent Mate ss b 29

エクスポート前の画像をどうするかを聞いてくるので、保存しないボタンをクリック↓
Linux Moent Mate ss b 30

では、ダウンロードフォルダのファイルマネージャに移り、先ほど作成した bg.png 画像ファイルを選択し、マウス右クリックによるポップアップメニューより、コピーをクリック↓
Linux Moent Mate ss b 31

先に展開した MoentPlymouth フォルダ配下へ移動します↓
Linux Moent Mate ss b 32

フォルダ配下へ移動したら、空白部分でマウス右クリックによるポップアップメニューより、貼り付けをクリック↓
Linux Moent Mate ss b 33

同名の画像ファイルが存在ンするのでファイルの衝突ダイアログが表示されます。置き換えボタンをクリック↓
Linux Moent Mate ss b 34

bg.png 画像ファイルが貼り付けられました↓
Linux Moent Mate ss b 35

引き続き左下のメニューより、コンピュータをクリック↓
Linux Moent Mate ss b 36

ファイルマネージャーが表示されますので、左ペインにて、ファイルシステムをクリックし、ルートにある lib アイコンをクリック↓
Linux Moent Mate ss b 37

plymouth アイコンをクリック↓
Linux Moent Mate ss b 38

themes アイコンのところでアイコンを選択した状態でマウス右クリックによるポップアップメニューより、Open as administrator をクリック↓
Linux Moent Mate ss b 39

管理者権限の認証パスワードが問われますので、パスワード入力後、OKボタンをクリック↓
Linux Moent Mate ss b 40

themes フォルダを対象とした Root 権限でのファイルマネージャーが表示されます↓
(起動スプラッシュが格納されているフォルダが表示されます)
Linux Moent Mate ss b 41

もし、もうすでに MoentPlymouth フォルダをコピーしていたらフォルダを選択しマウス右クリックによるポップアップメニューより、削除をクリック↓
Linux Moent Mate ss b 42

削除確認ダイアログが表示されますので、削除ボタンをクリック↓
(注意:これは上記 MoentPlymouth フォルダが存在していたときのみの処理です)
Linux Moent Mate ss b 43

MoentPlymouth フォルダが削除されます↓
(注意:これは上記 MoentPlymouth フォルダが存在していたときのみの処理です)
Linux Moent Mate ss b 44

それでは、ダウンロードフォルダのファイルマネージャへ戻り、背景画像を適用した MoentPlymouth を選択しマウス右クリックによるポップアップメニューより、コピーをクリック↓
Linux Moent Mate ss b 45

もう一つの /lib/plymouth/themes のファイルマネージャへ移り空白部分にて、マウス右クリックによるポップアップメニューより、貼り付けをクリック↓
Linux Moent Mate ss b 46

画像適用した、MoentPlymouth フォルダが貼り付けられました↓
Linux Moent Mate ss b 47

ダウンロードフォルダ対象のファイルマネージャを閉じ、デスクトップ上にてマウス右クリックによるポップアップメニューより、Open In Terminal をクリック↓
Linux Moent Mate ss b 48

ターミナルウィンドウが表示されます(見やすいようにちょっと大きくしています)↓
Linux Moent Mate ss b 49

候補一覧への登録を行います。 sudo update-alternatives --install /lib/plymouth/themes/default.plymouth default.plymouth /lib/plymouth/themes/MoentPlymouth/MoentPlymouth.plymouth 100 を入力↓
(すでに同じ設定を行っていた場合は再設定となります)
(余談ですが、削除は sudo update-alternatives --remove default.plymouth /lib/plymouth/themes/MoentPlymouth/MoentPlymouth.plymouth となります)
Linux Moent Mate ss b 50

管理者権限の認証パスワードを求められますので、入力します↓
Linux Moent Mate ss b 51

候補からの選択を行います。 sudo update-alternatives --config default.plymouth を入力↓
Linux Moent Mate ss b 52

登録した情報を含んだ一覧が表示されます。選択肢番号での選択の受付状態となっていますので・・↓
Linux Moent Mate ss b 53

登録した選択肢番号を入力します(このケースだと、1を入力)↓
Linux Moent Mate ss b 54

選択情報を反映させるために、 sudo update-initramfs -u -k all を入力↓
Linux Moent Mate ss b 55

プロンプトが表示されれば反映完了です↓
Linux Moent Mate ss b 56

左下のメインメニューより、終了ボタンを押し↓
Linux Moent Mate ss b 57

機能選択ダイアログより、再起動ボタンをクリック↓
Linux Moent Mate ss b 58

適用した背景画像が起動スプラッシュとして反映されました↓
Linux Moent Mate ss b 59

以上で、画像差し替えを行った起動スプラッシュの登録完了です

テーマ : パソコン
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Habitat

Author:Habitat
こんにちは!! Habitat です
ひょんなことから、萌え化作業にのめりこむことにw
やってて楽しいので結果オーライww
コメント大歓迎です

やっと、Linux萌え化スタートです~
頑張りますね~

translation
Sponsored Link
Experience !
アルバム
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
Sponsored Link
リンク集
おすすめブログ!!
  • 萌え萌えmoebuntu
  • お手軽に楽しむBSDへの道

  • この人とブロともになる

    カテゴリ
    ブログランキング参加中!
    よかったら応援おねがいします
    月別アーカイブ
    萌え化まとめ
    検索フォーム
    カウンター
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。